PCheader
スマホヘッダー
交通事故
草加新田の交通事故治療はアモーレ整骨院におまかせください。

HOME >> | CASE | 首の痛み・頚椎症

頚椎症や首の痛みは
草加新田のアモーレ整骨院にお任せ下さい

肩こり口コミ

頚椎症とは?

頚椎症は首の骨(頚椎)の中を通る神経が圧迫されることで生じるもので、肩や首の痛み、手や足にしびれやだるさなどの悪影響があります。

発症部位に近い首を始めとして、手に向けて神経が経由する肩にも影響が出ることが少なくないです。

年齢と共に加齢によって発症しやすく、40代、50代と歳を重ねるにつれて、リスクは高まるといえるでしょう。

脊柱管や椎間孔に狭窄が起こりますから、一度発症すると一筋縄ではいかなくなります。

ただ、治療法や予防法はあるので、回復や再発防止を諦める必要はないです。
加齢で椎間板が変性したり、靭帯の厚みが増したり硬くなるなど、発症に至る切っ掛けは様々です。

いずれにしても、放置は悪化を招くので良くありませんから、症状に気がついたら具体的な対処が必要です。
 

頚椎症の症状とは?

頚椎症の症状は、首の後ろに痛みを感じたり、肩から腕に掛けて痺れるものが代表的です。

痺れは手に生じることもありますが、脊髄の圧迫を伴う頚椎症性脊髄症は両手、神経の圧迫のみの頚椎症性神経根症は片手と症状が分かれます。

首を後ろに倒すことで強くなる痛みや痺れは、どちらにも共通する症状の1つです。

運動の動作や感覚に違和感を覚えるのも、これらの症状に共通しているものです。

指先を使う細かな作業が苦手になったり、歩行にぎこちなさを感じる場合は注意が必要となります。

頚椎症性脊髄症に限れば、膀胱機能に障害が起こることもあるので、いずれかの自覚症状に気がついたら発症を疑いましょう。

多くの場合は痛みや痺れが中心で、部位も首から手の間を中心とするケースが少なくないです。

脱力感を覚えたり手の感覚が鈍く感じられる時も、発症の疑いは強くなります。

放置は症状の進行や日常生活の支障に繋がるので、様子を見て自然に改善しないようなら医療機関の相談を要します。
 

頚椎症の発生原因とは?

頚椎症の発生原因は、椎間板の老化現象といわれることもありますが、なぜ人によって椎間板に老化現象が起きるのでしょうか?
 
草加新田のアモーレ整骨院では多くの痛みの原因を老化や加齢という言葉で片づけたりは致しません。
 
実は
頚椎症の根本的な原因は骨格のゆがみや機能不全による変性が原因なのです。
 

頚椎変性
 
こちらの写真は頚椎の変性がどのように進んでいるかを表していますが、椎間板の周りの骨が少しずつ悪い状態になっています。
 
なぜ、こうなるのかというと猫背やストレートネックなどのゆがみがあると頚椎ひとつひとつが正しく機能できず、動きの悪くなった関節はどんどん代謝が下がり、変性していくからです。


変性と呼ばれる現象は、誰にでも起こる変化ですが、骨格のゆがみがあることで変性はどんどん起こりやすくなっていきます。
 
また、脊髄にまで悪影響を及ぼす頚椎症性脊髄症は椎間板が原因で、骨に棘状の骨棘が生じ、靭帯が厚く硬くなって脊髄の圧迫に至ります。

一方、頚椎症性神経根症は頚椎の変性により、椎間孔に狭窄が起こり神経根が圧迫され、やがて痛みを引き起こします。

このように、脊髄が圧迫されるか神経根が圧迫されるかによって、頚椎症でも病名や症状は違ってきます。

骨格のゆがみが根本的な引き金になっているのは共通点で、さらに年齢を積み重ねることで頚椎症の発症リスクを抱える結果に結びつきます。

近年では、スマートフォンの普及で猫背が首に負担を掛けたり、首を鳴らすことも発生原因の1つと考えられています。

頚椎症は早期に発見できれば対処の選択肢は多くなりますし、悪化する前に食い止められるので、早く気がつけるのが理想的です。
 

頚椎症に効果的とされる一般的な治療法とは?

頚椎症に効果的とされるのは、一般的に安静にして様子を見たり、消炎鎮痛薬の処方や頚部の牽引といった方法です。

強い痛みには神経ブロック注射も有効ですが、痛みが抑えられなかったり日常生活に影響が出ている場合は、外科手術の必要があります。

痛み止めは非ステロイド性消炎鎮痛薬が主流で、痺れや発作的な痛みには神経障害性疼痛治療薬、筋肉の緊張に対しては筋緊張弛緩剤が用いられます。

牽引療法は顎にベルトを掛け、首を引っ張ることで頚椎の負担の軽減を図り、痛みを和らげます。

他にも、温めて症状を和らげる温熱療法や、運動やマッサージで身体機能を改善するリハビリがあります。
 
ただ
これらの一般的な治療法は主に痛みに対するケアで、根本的な解決とはいえないでしょう。
 

草加新田のアモーレ整骨院の頚椎症アプローチ

POINT①
頚椎症の原因をつくる姿勢を検査します

頚椎症になる方は主に猫背やストレートネックなど、首に負担がかかる姿勢を長時間とっていることが多いです。猫背の原因は背骨だけでなく骨盤からズレている可能性があります。
 
ただ、首が痛いから首だけをみるのではなく、首に負担がかかる状態を全身で判断して、治療ポイントを見極めます。
 

POINT②
骨格のゆがみに対するアプローチ

姿勢分析によって頚椎に負担がかかる状態を把握したら、さっそく検知されたゆがみに対するアプローチを行います。こちらは首だけでなく背骨、骨盤、肩関節や肩甲骨などあらゆる角度から施術を行います。
 

POINT③
頚椎のポイントアプローチ

頚椎の状態によりますが、首を動かすたびに痛みやしびれがある場合は、首の痛みに効果的な施術も行います。超音波治療やハイボルテージ治療、または後頭骨へのアプローチなどを行い、頚椎のゆがみからくる痛みを緩和させていきます。
 

頚椎症の予防法とは?

頚椎症の予防法は、首を必要以上に倒したり回さないのが基本で、椎間板に負担を掛けないことが予防の鍵を握ります。

うつぶせ寝の状態も首に負担を掛けますから、寝る姿勢に気をつけることをおすすめします。

猫背も頚椎に良くないので、姿勢が気になっている人は正しましょう。

猫背は首を曲げることにも繋がり、それが頚椎の負担を高めて頚椎症のリスクを上げます。

姿勢が良くなると首の負担も減るので、やはり姿勢を見直すことが頚椎症の予防においてポイントです。

キャンペーン

※VISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress・Dinersなどクレジットカード決済可能です。

twitter

アモーレ電話

アモーレ整骨院LINE
整骨院ご案内バナー
  • 治療メニュー
  • 産後骨盤矯正
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アモーレ整骨院のコンセプト
  • スタッフブログ
  • LINE画像
  • アモーレ整骨院
ホーム        
初めての方へ   
スタッフ紹介
アクセス
料金表
整骨院の保険適用
よくいただく質問   
お問い合わせ        
LINE予約   
求人情報   
  • 交通事故対応
交通事故治療   
むちうち        
  • お悩み一覧
肩こり   
腰痛   
五十肩   
ぎっくり腰        
骨盤矯正        
産後の骨盤矯正   
ヘルニア        
膝の痛み        
腱鞘炎   
坐骨神経痛   
ストレートネック   
シンスプリント   
自律神経失調症   
首の痛み・頚椎症   
変形性膝関節症   
足底筋膜炎   
  • 店舗所在地
   〒340-0053
   埼玉県草加市旭町4-9-25
   丸中ビル1F
  • 電話番号
   048-949-6905
  • 営業時間
   月曜~金曜
   11:00~20:00
   土曜・祝日
   9:00~18:00
   日曜定休日
フローティングバナー LINE メニュー アクセス 電話 ホーム
LINE
TELバナー
料金表