PCheader
スマホヘッダー
交通事故
草加新田の交通事故治療はアモーレ整骨院におまかせください。

HOME >> | CASE | 自律神経失調症

自律神経失調症でお悩みでしたら
草加新田のアモーレ整骨院へ

このようなお悩みは自律神経失調症の疑いがあるかもしれません。

自律神経失調症の女性

☑︎めまい・耳なり
☑︎息苦しさ・胸の圧迫感
☑︎疲れやすい・だるい
☑︎食欲が出ない
☑︎イライラや落ち込み
 
こうした状態も実は身体の姿勢からきていることがあります。
 
そもそも
自律神経とは何かというお話についてご説明いたします。
 

自律神経系とは何か?

神経伝達

自律神経とは、内臓、血管などの働きを調節し、体内の環境を整える神経です。
さらに、自律神経とは交感神経副交感神経という2つの神経に分類されます。
自律神経の中枢は脳や脊髄にあり、自分の意志では自在に調節することがで着るものではありません。
 
自律神経は、すべての内臓、全身の血管や分泌腺も支配しています。
 
また、睡眠中に意識していなくても呼吸をしたり、食べたものを消化するために胃腸を動かしたり、体温を維持するために汗をかいたりするのは、自律神経の働きがあるからです。
 

  • 交感神経とは?
元気な女性

交感神経は脊髄の外側から出て、腹側に回って、脊髄の両わきにある交感神経幹に入ります。その後は、各臓器など全身に分布し、情報を伝えます。
 
この交感神経系は主に、身体を動かしたり、興奮するときに作用する神経で、朝とともに交感神経の働きが活発となり、夜にはおさまっていく神経です。
 

  • 副交感神経とは?
リラックスしている女性

副交感神経は、中脳、延髄、脊髄の下部から出て、身体中にのびます。
脳や脊髄から全身に向かう神経の道と脳や脊髄に向かう神経の道があります。
 
こちらの副交感神経系は安静時やリラックス時に働く神経で、休息をとったり食後の胃腸の働きなども副交感神経による働きで起こります。
 

自律神経の働きについて

神経 交感神経 副交感神経
瞳孔 散大 縮小
涙腺 涙の分泌↑ 涙の分泌↓
唾液腺 唾液↓ 唾液↑
胃の運動 動き↓、便秘がちになる  動き↑、下痢気味になる
気管  緩む 締まる
心臓のリズム 心拍数↑ 心拍数↓
心臓の収縮  大きい収縮 小さい収縮
膀胱、直腸の筋肉 尿や便を貯める(便秘になる) 尿、便を押し出す(下痢気味になる)
末梢血管  収縮、血圧↑ 弛緩、血圧↓
膀胱、肛門括約筋  締まって尿や便を出させない 緩んで尿や便を出す
脳、神経  興奮 リラックス、眠くなる
 

このように私たちの体を私たちが意識しなくともコントロールしてくれている自律神経ですが、この自律神経が乱れた場合、人はどうなってしまうでしょうか。
 

自律神経による症状

自律神経が乱れることで出てしまう各部位の症状の一覧です。
 
心臓:動悸、胸痛、胸部圧迫感
肺:息苦しさ
胃腸:吐き気、下痢、便秘、腹痛、胃の不快感、お腹の張り、ガスが溜まる
頭:頭痛、頭重感、脱毛
目:疲れ、乾き、違和感、眩しい
耳:耳鳴り、違和感、めまい
口:乾き、痛み、味覚障害
のど:異物感、飲み込みずらい、話しづらい
手足:痛み、痺れ、ふるえ、冷え
皮膚:多汗、痒み、痛み
筋肉、関節:肩こり、脱力感、筋肉痛、関節痛
血管:立ちくらみ、高血圧、冷え
膀胱:頻尿、排尿困難、残尿感
生殖器:勃起不全、射精障害、生理不順
全身:微熱、倦怠感、疲労感、食欲不振、ほてり、めまい
精神:落ち込み、不安、不眠、イライラ、気力低下、集中力低下、情緒不安定
 

自律神経が乱れる原因として大きいもの

だるさやめまいを感じている女性

☑︎ストレス
☑︎生活習慣の乱れ
☑︎ホルモン(甲状腺ホルモン・女性ホルモン)によるものです。
 
中でも、自律神経の乱れに最も大きく影響を与えるのがストレスによるものです。
 
同じストレスでも、人によって受け止め方も異なります。
なので、個人の性格も原因のひとつとなります。
 

神経質性格

アレキシサイミアといった性格傾向が関係しているといわれています。
神経質性格は、心配性で内向的という弱気な側面と、完全主義で理想主義、負けず嫌いという強気な側面が共存している性格傾向です。
 
この2つは相いれずに、ストレスを抱えやすい傾向にあります。
アレキシサイミアとは、自分自身の感情に上手く気づけず、その感情を表現することが苦手な性格傾向のことです。
 
上手く自分で認識できないストレスが、自律神経症状として表れやすくなります。
 

自律神経のお悩みは女性に多い?

女性の悩み

自律神経の乱れは男女ともに認められますが、女性の方が明らかに多いです。
その理由としては、以下の3つがあげられます。
 
☑︎女性ホルモンの生理的な変化がある
☑︎甲状腺ホルモンが乱れやすい
☑︎女性の方が気分障害や不安障害が多い
 
女性ホルモンは、脳の視床下部と呼ばれる部分がコントロールを行っています。
実は視床下部は、自律神経系のバランスを司っている部分になります。
 
ですから女性ホルモンの影響はとても大きく、毎月の周期的な変動、年齢に伴う変動に伴って、自律神経症状が認められやすいのです。
 
また甲状腺ホルモンは、体の代謝を高める働きがあり、交感神経を活性化させます。
甲状腺機能がくるってしまうような病気として橋本病やバセドウ病がありますが、男性よりも女性に圧倒的に多い病気になります。
 
また気分障害や不安障害といった精神疾患も、女性の方が男性よりも多く認められます。それだけでなく、
 
☑︎女性は自己主張しにくく、自らの感情を抑圧しがちになる。
☑︎女性の方が容姿が評価され、極端なダイエットなどに走りやすい。
☑︎女性の方が人間関係が複雑になりがち。
 
といったことから、ストレスが自律神経症状として表れやすいといわれています。
そんな自律神経の乱れの対応として、以下のようなアプローチがあります。
 

  • 一般的な自律神経失調症へのアプローチ
女性

☑︎つらい症状を緩和する薬物療法
☑︎生活リズムや環境を整える生活療法
☑︎ストレスとの付き合い方や自己理解を深めるための精神療法
 
これらの助けとして、整体、自律訓練法や呼吸法などを取り入れる場合もあります。
自律神経失調症では交感神経が過緊張状態となっていることが多く、それが原因で自律神経症状が認められることが多いです。
 
このためストレスを和らげて交感神経の働きを和らげることで、症状の改善が期待できます。
 
身体症状が軽くなれば、現実的なストレスにも向き合いやすくなります。
 
現実的な解決が進むことでストレスが軽減し、自律神経症状が改善していくことが期待できます。
 
自律神経失調症を改善させていくためには、生活習慣を整えていくことも大切です。
 
生活習慣を変えることにはエネルギーも必要になりますが、整えていくことで少しずつ症状が落ち着いていきますし、再発を防ぐことにもつながります。
 
こういった意味では、自律神経失調症を完治させるためにも重要になります。
 

  • 具体的な生活療法
ストレッチをする女性

☑︎生活リズムを整える
☑︎3食バランスの良い食生活
☑︎運動習慣
☑︎カフェインを避ける
☑︎習慣的な飲酒を控える
☑︎タバコを控える
このようなことに気をつけていきます。
まずは生活リズムを整えることから始めていきましょう。
 
できるだけ同じ時間に起床するようにすることが重要で、生活リズムが安定するだけでも自律神経症状が和らぐ方も少なくありません。
規則正しい食生活や運動習慣も、生活リズムを確立させることにもつながります。
 
カフェインや飲酒習慣、喫煙も自律神経の安定には悪影響になります。
できることから少しずつ始めていきましょう。
 
薬を使わずないリラックスさせる方法がいくつか知られていますが、自己暗示のようなものなので、習熟するまでに時間はかかってしまいます。
ですが上手になると、自律神経失調症にも効果が期待できます。
 
いずれのリラックス法でも、呼吸は共通して重要です。
呼吸は、私たちが意識してコントロールできる唯一の自律神経です。
普段は意識することなく自律神経にまかせて呼吸していますが、意識して調整することもできます。
リラックスする呼吸法というと、深呼吸をイメージされる方が多いかと思います。
 
胸いっぱい大きく息を吸い込む映像が浮かぶかと思いますが、実のところは吐く時間を意識した腹式呼吸法がリラックスにつながります。
 
お腹を膨らませるように息を吸い、口をすぼめながら時間をかけて息を吐き出します。 お腹がへこむくらいまで、時間をかけて息を吐ききりましょう。

草加新田のアモーレ整骨院の
自律神経アプローチとは?

自律神経のお悩みの原因には生活習慣やストレスなどがあるとされていますが、実は姿勢の悪さ、つまり骨格の歪みが自律神経のトラブルと密接な関係性があると言われているのはご存知でしょうか?
 
姿勢が悪く、猫背が続くと呼吸が苦しくなります。この呼吸が苦しい、息が詰まるような感じが続くと交感神経が優位になり、リラックスしにくいカラダとなります。
 
また
背筋が伸びた状態と背筋が丸まった状態では体内に放出されるストレスホルモンの量が違うとされ、胸を張った正しい姿勢の方がストレスホルモンが少なく、猫背の状態があるとストレスホルモンの分泌が多くなるという研究結果があります。
 
つまり

姿勢が悪い=自律神経に悪影響がある

 
と、なっているとしたら
今から姿勢を正しくして、肩こりや腰痛だけでなくカラダがリラックスしやすい状態を作ってあげるべきなんです。
 

POINT①
姿勢の歪みや骨格の歪みを検査します。

まずは、カラダの歪みを確認し、あなたに合わせた矯正ポイントを見つけ出します。この検査が的確でないと正しくアプローチができません。アモーレ整骨院では姿勢分析器や検査キットを用います。
 

POINT②
生活習慣や仕事や家事など色んな角度から姿勢が歪みやすい原因を見つけていきます。

姿勢の歪みがわかっても、なぜこの歪みが起きてしまうのか原因がわからなければ、またカラダは歪んできてしまいます。仕事の態勢やスマホの使用頻度や運動習慣の有無など、あらゆる角度から原因を見つけていきます。
 

POINT③
あなたに合わせた骨格アプローチ

主に自律神経系に必要な骨格アプローチは、頚椎を中心に、胸椎、腰椎、骨盤をしっかり整えていきます。特に頚椎の上部は副交感神経が通っているので、上部頚椎に対しての施術を中心に行います。

キャンペーン

※VISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress・Dinersなどクレジットカード決済可能です。

twitter

アモーレ電話

アモーレ整骨院LINE
整骨院ご案内バナー
  • 治療メニュー
  • 産後骨盤矯正
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アモーレ整骨院のコンセプト
  • スタッフブログ
  • LINE画像
  • アモーレ整骨院
        ホーム
   初めての方へ
   スタッフ紹介
   アクセス
   料金表
   整骨院の保険適用
   よくいただく質問
        お問い合わせ
   LINE予約
   求人情報
  • 交通事故対応
   交通事故治療
        むちうち
  • お悩み一覧
   肩こり
   腰痛
   五十肩
        ぎっくり腰
        骨盤矯正
   産後の骨盤矯正
        ヘルニア
        膝の痛み
   腱鞘炎
   坐骨神経痛
   ストレートネック
   シンスプリント
   自律神経失調症
   首の痛み・頚椎症
   変形性膝関節症
   足底筋膜炎
  • 店舗所在地
   〒340-0053
   埼玉県草加市旭町4-9-25
   丸中ビル1F
  • 電話番号
   048-949-6905
  • 営業時間
   月曜~金曜
   11:00~20:00
   土曜・祝日
   9:00~18:00
   日曜定休日
フローティングバナー LINE メニュー アクセス 電話 ホーム
LINE
TELバナー
料金表